YouTubeがテレビより面白い2つの理由とは!?徹底比較してみた - FC2ブログの有料プランで素人が雑記ブログで記事書きまくる

YouTubeがテレビより面白い2つの理由とは!?徹底比較してみた

youtubesamune.png
YouTubeがテレビより面白い2つの理由とは!?自由度が違いすぎる

どうも、エフロン君です。

今回はYouTubeに関する記事です。

これまでYouTubeに関する記事は何度か出しているので、興味のあるものがあれば是非見ていってください!

今回の記事では、YouTubeがテレビよりも面白い理由について話していこうと思います。


もちろんエフロン君自身の主観がたくさん入るかもしれませんが、そこはご了承ください。

流行りすぎているYouTube


もう最近ではYouTubeは当たり前ですよね?

YouTubeをやる人のことをYouTuberといいます。

今や小学生がなりたい職業ランキングで1位にまで上り詰めましたね笑すご

YouTubeは、
各個人が自分のチャンネルを作り、動画を上げて行くというサービスです。


一般公開されている動画は誰にでも見れるようにすることが可能です。


そういったYouTubeで稼いでいこうとする人が増えています。

動画投稿するだけでどうやって稼ぐの?

それは、広告収入です!


YouTubeを見たことがある人はわかると思いますが、動画の始めや、途中で広告が流れてくることがあると思います。

その、広告を流すだけで、動画主は収入を得ています!!


つまり、自分好みに動画を投稿するだけで、勝手に広告収入が入ってくるというシステムになっています。

ですので、収入は動画再生数に応じた料金となってくるので

人気にならないと稼げないというのが現状としてあります。


数十回、数百回の再生数のYouTuberは収入は0と考えていいと思います笑



まあYouTubeの説明はこんなもんでいいとして!

YouTubeがテレビよりも面白くなる2つの理由について、話していこうと思います!




1.多ジャンルで面白さを引き出せる


これはどういうことか。

もうYouTubeを色々見ている人なら分かると思います。

自由度が高すぎるんです!!

型にハマらず、無限のジャンルで動画を作成することができるため、面白い動画が作りやすいのです!!


例えばテレビだと??

トーク番組とかありますよね?

その番組がトーク番組だとすると、基本的にトークで面白くして、たまに前に出てミニコントをしたり、みたいな感じですよね?


でも、それって限られたレベルじゃないですか?

毎回毎回面白くするのは至難の技だし、スタジオという空間でしか生み出せない笑いしかできない。

そういった狭い空間でテレビは戦っていると思っています。


それに比べてYouTubeは、どんなジャンルでもいけますし、

何より、面白いことへの挑戦は色んなことができます!


テレビだと、芸人さんたちが1つの番組で引き出せる力が、10あるうちの1.2くらいしか引き出せていないと思います。


しかし、YouTubeだと、10あるうちの7.8くらいの力が引き出せていると感じる時が多々あります。


また、テレビのスタジオなので行われるトーク番組などは、人数がある程度います。

何人、また、何十人といます。


1人に割り当てられる時間はどのくらいなんでしょうか??


1時間の番組だとしても五分もあるかどうか、、、

そんなので、力を引き出せますか??


YouTubeは型にハマらないので、1人でも出来ます笑

2.3.4.5人、その時に応じて調整できます!


テレビというのはある程度の型を決めてから行うことが多いので、やはり限られたお笑いが提供されているように思えます。


でも、これだけじゃないんです。

多ジャンルという点だけなら、まだどっこいじゃないのか??と思うかもしれません。

まあこの段階でかなりYouTube強いんですけどね笑


もう1つは!



2.時間の編集が自由自在


YouTubeは自分たちが撮影した動画を編集して、サムネ等を決めて投稿します。


基本的に中級から上級YouTuberの人は動画を編集しています

基本ですね。


さて、時間の編集が自由自在なことが、なぜ面白さに繋がるのか!

もうお分かりですかね??


ではまずテレビについて、

例えば、毎週やってる1時間のバラエティ番組があるとしましょう。

だいたいCM除けば番組自体は45〜50分程度ですよね?


そうなると、毎週45〜50分程度の放送をしなければなりません

バラエティ番組は面白さが特徴ですので、特に笑いのとれた部分などを採用して、

面白くないと感じた部分をカットしていきます。


そんな編集を経て、45〜50分の動画が、完成します!!


逆に言えば、45〜50分に収めなければならないという制約があるんです!!!

つまり、撮影時間が2時間だったとしましょう。

その撮影映像を編集して45〜50分にしますよね?


もし、その回がかなり面白くて、45〜50分じゃ足りないってなったとしても、その時間内に編集して収めなければならないのです!!

逆も然りで、その回が面白くなくても、45〜50分の動画にしなければならないのです!!!


これって窮屈すぎじゃないですか??

これがテレビのバラエティ番組の限界なんですよね。


勝手に時間のばしたりしたら、次の番組に支障与えますしね笑笑

難しい!!


逆に言えばそんな状況でも面白くできる番組は素晴らしいと思います。

しゃべくり007とかね??笑


ではYouTubeはどうなのか!

もうお分かりかと思いますが、時間の制約はありません!

30秒しかない動画もあれば、何時間とある動画もあります!!


自由度が高く、型にハマっていないとはこういうことですね。


投稿者によってはこのくらいの時間が丁度いいだろうと調整してやっている人が多いですが、

何分にでも動画を編集することができるんです!!


つまり、YouTubeは面白い部分だけを切り抜いて動画にすることができるので、イイトコ取りをしている感覚ですね!!


面白くない部分はカットすればいいんですから、、、


そんなこんなで時間に関しても、これほどテレビとYouTubeで差があるんです!




結論


今回はYouTubeとテレビの「面白さ」に言及してお話ししてきました。


エフロン君の結論としては、YouTubeの方が面白くすることができる。ということですね。


一概には言えませんが、環境などを考慮するとYouTubeが優っていると感じます。


テレビにおいても毎回面白い番組は沢山存在しますし、YouTubeの方が絶対面白い!と断定するのも難しいところです。

しかし、このような自由度の高さから、YouTubeの需要がどんどん伸びているのはどこか納得ができます。


みなさんはどうですか??

ドラマや映画などと言われれば、もちろんテレビですが、今回はバラエティ番組にって、面白さについての記事でしたので

こういった内容の記事になりました。

主観も取り入れられているこの記事ですが、一般論としても言い換えることも可能かと思います。


みなさんはこの記事を見てどう思いましたか?

もし宜しければコメントにてお聞かせください!!


それでは今回はこの辺で。
以下、参考までに。
Wondershare Filmora 動画編集
簡単に使える動画編集ソフトをお探しならGOM Mix Pro
誰でも簡単にドロップ&ドラッグだけで自分なりの写真、動画編集が素早く出来るMovavi Video Editor
関連記事

コメント

非公開コメント

エフロン君

どうも、エフロン君です。 来年から社会人になる国公立大学の大学生です!仕入れた情報や自分が学んできたうえで感じたことなど記載していくので是非見ていってください!


Twitterフォローもよろしくね

よく閲覧されている関連記事はこちらから



にほんブログ村 大学生日記ブログへ にほんブログ村 小遣いブログ 学生のお小遣い稼ぎへ

1日1回クリックして応援してくれると嬉しいです。

こちらもよろしく!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Google+

訪問者数

bitFlyerにすれば失敗しない!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

GMOなら安心して取引可能!

無料で初めてリスクなし!?

オススメのポイントサイトです。
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

人気No1ポイントサイト!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

Amazonでお得にゲームを買おう