C# (友愛数) 基本まとめ問題 - FC2ブログの有料プランで素人が雑記ブログで記事書きまくる

C# (友愛数) 基本まとめ問題

cccc
C# (友愛数)
異なる2つの自然数で、自分自身を除いた約数の和が、互いに他方と等しくなるような数をいう。例えば、220の自分自身を除いた約数は、1,2,4,5,10,11,20,22,44,55,110で、和は284となる。一方、284の自分自身を除いた約数は、1,2,4,71,142で、和は220である。よって、220と284の組み合わせは友愛数という。10000以下の友愛数をすべて求めなさい。


どうも、エフロン君です。プログラミングの記事です。C#言語を使用しています。
今回はC#の問題に対して私なりの答えを示していきたいと思います。
※コードの書き方は一つではないため、悪魔で一例をここに掲載するだけです。

私のコードが正しいという確証はないので参考程度にしてください。
コードの書き方は人それぞれであるため、どれが正しくて、まとめられているのかなどは主観になってくることです。
私のコードがあなたの役に立つことを祈っています。是非参考に!

今回の問題は、
「(友愛数)
異なる2つの自然数で、自分自身を除いた約数の和が、互いに他方と等しくなるような数をいう。例えば、220の自分自身を除いた約数は、1,2,4,5,10,11,20,22,44,55,110で、和は284となる。一方、284の自分自身を除いた約数は、1,2,4,71,142で、和は220である。よって、220と284の組み合わせは友愛数という。10000以下の友愛数をすべて求めなさい。」
これを解いていきたいと思います。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

namespace prob8_17
{
class Program
{
static void Main(string[] args)
{
int i, j, k;


for (i = 1; i <= 10000; i++)
{
int num1 = 0, num2 = 0;
for (j = 1; j < i; j++)
{
if (i % j == 0)
{
num1 += j;
}
}
for (k = 1; k < num1; k++)
{
if (num1 % k == 0)
{
num2 += k;
}
}

if (num2 == i)
{
Console.WriteLine(num2 + "と" + num1);
}
}
}
}
}


以上です。
ぜひ参考になればと思います。
解説や説明はないのでわからない部分は自力で頑張っていただく形になります。よろしくお願いいたします。
(間違っていたらすいませんorz)
それでは頑張ってください。以下、参考までに
今なら無料体験会実施中!!一度参加して自分の実力を測ってみよう!
ネットワークエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)
中高生向けオンラインのプログラミングスクール【TechAcademyジュニア】








関連記事

コメント

非公開コメント

エフロン君

どうも、エフロン君です。 来年から社会人になる国公立大学の大学生です!仕入れた情報や自分が学んできたうえで感じたことなど記載していくので是非見ていってください!


Twitterフォローもよろしくね

よく閲覧されている関連記事はこちらから



にほんブログ村 大学生日記ブログへ にほんブログ村 小遣いブログ 学生のお小遣い稼ぎへ

1日1回クリックして応援してくれると嬉しいです。

こちらもよろしく!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Google+

訪問者数

bitFlyerにすれば失敗しない!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

GMOなら安心して取引可能!

無料で初めてリスクなし!?

オススメのポイントサイトです。
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

人気No1ポイントサイト!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

Amazonでお得にゲームを買おう